沖縄燦燦_ロシア公演記

沖縄燦燦は、なぜこんなに人びとの心を打つのだろう。

 

舞台を観たハバロフスク(ロシア)の方から、

「アムール川の原住民の生活を思い起こした。

久しぶりにこどもの頃の気持ちに帰った。」

という言葉を頂いた。

 

劇場中に笑顔が溢れ、溢れるほどの歓びと感謝の言葉。

冬、極寒のロシアでは多くの劇場で舞台が催される。-20℃~30℃という厳しい寒さの中では重いテーマのお芝居が多く、人々はあまり笑わないそう。

 

そんな中、沖縄燦燦の舞台を観た人たちからは

 

・「ポジティブな作品だ」

・「ビタミンをもらった」

・「元気になった」

 

との声が溢れ、劇場は笑顔で満開になった。

公演を観た人たちのFacebookはモスクワ中を飛び交い、翌日の公演は当日券を求める人で長蛇の列

ができた。

開演が20分以上伸びるという事態にまで。

「こんなことは滅多にない!」と劇場支配人もビックリしていたそう。

 

ロシアの人々にこんなにも強く響く沖縄燦燦。

なぜなのだろう?

答えは劇場にしかないのかもしれない。

 

 

沖縄燦燦、

人の持っているピュアな魂にまっすぐに呼びかける。沖縄の輝きが国を越えて、広がっていく


昨年度の公演動画


▼▼Select Language▼▼

エーシーオー沖縄

〒903-0806

沖縄県那覇市首里汀良町3‐82‐5‐2F

Tel:098(887)1333

FAX:098(887)1334